Hima-Jin 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 差額返金

<<   作成日時 : 2017/09/07 19:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本AMD、Ryzen Threadripperの早期購入者に最大18,000円分のQUOカードを配布(AKIBA PC Hotline!)

日本でのAMD Ryzen Threadripperの売り出し価格があまりにもフザケた価格だっただけでなく、あっという間に2万以上もの値下げとなったためか、ツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店、パソコンショップ アークから謎の告知が出ていた。

その後、対応窓口がAMD Japanに一本化されることとなり、9月7日にその対応が発表された。

噂では、差額の一部が返金されるということだった。実際には、ほぼ噂通りだったが、現金ではなくQUOカードでの返金ということになった(1950Xの場合は18000円、1920Xの場合は13000円)。

QUOカードというのは、人によっては微妙だろうが、購入店舗個別の対応で、そこの店でしか使えないポイントでの返金(返還?)に比べれば100倍マシな対応。現金書留または現金為替などでの返金となると、それなりの送料・手数料がかかることを考えると、落とし所としては妥当なところか(QUOカードって、粗品の500円カードのイメージしかなかったのだが、他にも、300、700、1000、2000、3000、5000、10000円と金額もいろいろで高額カードもある。よって、嫌がらせでもない限り、500円券で18000円分送られてくるということはなさそうだ(1000円以下は、販売時に手数料30円が追加されるし)。まぁ、気を利かせてAMDのオリジナルデザインカードということもありうるが…)。

ただ、返金分を考慮しても、税込価格は、1950Xで約14万円、1920Xでは約11万2千円と、Amazon.comから購入することを考えると、まだまだ高いという印象は拭えない。

最近の為替相場は110円/$前後。ここ1年で見てもドル円での最も円安な時でも118円/$台後半。余裕を見ても120円/$あたりが上限(円安なので下限?)だろう。120円/$で計算すると1950Xは税込みで13万円前後になる(現在の日本での最安値がこのあたり)。

為替をどう想定するのかというのはプロでも難しいだろうし、店舗や問屋の利益を上積みする必要もあるので、どこが適正価格なのか判断は難しい。だが、最近出たVega 64/56もそうだが、ご祝儀価格と言うにはあまりにも高過ぎる値付けは止して欲しかったというのが率直な感想。特に、Threadripperはコストパフォーマンスが売りな訳だし…。

追記
本家AMDではない「AMD Japan」という組織のtwitterアカウントが消滅した。噂通り、AMD Japanの実態はASKで、それが、本家AMDにバレて強制的に停止になったのだろうか。

追記 その2
消滅したtwitterアカウントの代わり(?)に「AMD Japan」が出来た。消滅したtwitterアカウントは、「AMD社員が非公式に運営していたツイッターアカウント@JapanAmdは、公式の開設に伴い閉鎖されました」とのことだが、社員が非公式に運営しているアカウントを大々的に使用していたような会社って大丈夫か?


AMD Threadripper 1950X YD195XA8AEWOF
AMD
2017-08-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AMD Threadripper 1950X YD195XA8AEWOF の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



AMD Threadripper 1920X YD192XA8AEWOF
AMD
2017-08-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AMD Threadripper 1920X YD192XA8AEWOF の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
差額返金 Hima-Jin 日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる