Hima-Jin 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Ryzen 2000 Series発売秒読み

<<   作成日時 : 2018/02/11 17:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

RyzenのGPU内蔵モデル「Raven Ridge」が13日に発売、計2モデル(AKIBA PC Hotline!)
第2世代Ryzen登場まで秒読み? ASRockとGIGABYTEが対応BIOSを公開(PC Watch)

Ryzen 3 2200GとRyzen 5 2400Gの発売日である2月13日が迫ってきた(既に、プレス宛にはモノが来ているようなので、その辺のインプレはここなどを読めばよいだろう)。

Ryzen 2000シリーズに対応した新しいチップセットやマザーボードが同時に売り出されるのかは不明ではあるが、ソケットがAM4のままということもあり、原則、X370、B350、A320チップセットでも動作する。そのため、各社から対応BIOS(もうBIOSって言わないんだっけ?)が公開されている。

早々に対応BIOSの公開を発表したASRock以外も、ASUS(3203以降で対応。マザーボードに関係なくバージョン番号が統一されているようだ)、MSIBIOSTARGIGABYTEといった主要なメーカが対応状況を公表している。

また、
Raven Ridge発売にあわせて、店頭では対応BIOSに更新済みのマザーが販売中。ASUSやASRock製品の対応モデルには、目印として「AMD RYZEN DESKTOP 2000 READY」のシールが貼付されているほか、MSI製品もシリアル番号1801以降のモデルは対応BIOSを搭載しているという。ショップによっては、独自にPOPを貼って案内しているところもあるので、Raven Ridgeと一緒にマザーを購入する場合はチェックしてみるといいだろう。
と、既に、Ryzen 2000シリーズに対応したBIOSが入ったマザーボードが売られているようだ。

なお、自分でBIOS更新をする場合、
ただし、多くのメーカーがBIOSの更新は従来のCPU(Ryzen 2000以外のCPU)を搭載して行なう必要があるとしているので要注意。ちなみに、ASRock製マザーでは、まず「Bridge BIOS」に更新し、次に対応BIOSに更新するという「2段階更新」が必要とのこと。
といった点に注意が必要とのこと。

まぁ、旧仕様のCPUが必要なのはIntelとかでもお馴染みなので、詳しい人は問題ないとは思うが…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ryzen 2000 Series発売秒読み Hima-Jin 日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる