ソコジャナイ

日本年金機構から個人情報125万件が流出して騒ぎになっているが、問題の本質はウィルスメール云々よりも、日本年金機構の運用体制じゃないのか?

詳しいことは分からんが、大体、共有サーバ(それもインターネットにつながっている)で個人情報を共有して参照するなんてのは、マトモじゃないよな。一応、表向きの規則では禁止になっていたらしいが、守られていない時点で意味がない。元々、年金なんか信用してないが、今回の件で更に信用ならんということを確信したといったところか…。

これに触発されて、政府はサイバーセキュリティ対策推進会議を開いたそうだが、いくら調べて報告と言っても、よほど不味いとこくらいしか表に出てこないんじゃないのか。実際の運用がどうなっているかなんか、上の方のお役人に行く前に握りつぶされそうだし。それと、そもそも、運用が危ないかどうか判断できるようなお役人っているのかも怪しいし…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック