Hima-Jin 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS CPUコアインフレ時代

<<   作成日時 : 2019/01/14 20:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【詳報】AMD、PCIe 4.0に対応した第3世代Ryzenプロセッサを今夏投入(PC Watch)
【CES 2019】“Zen 2”世代の8-core RyzenとEPYCが披露される(北森瓦版)

AMDが今年半ばにZen 2ベースのRyzenを発売するそうだ(と言っても、実際にモノが出るのは第3四半期あたりになるみたいだが…)。

2世代ごとにソケットの互換性がなくなるIntelとは異なり、ソケットはAM4のままで、最新機能が使えないことに目を瞑れば、従来のAM4マザーボードでも使えるそうだ(但し、BIOS(UEFI?)のアップデートは必要)。

注目点は、現行のThreadripperやEPYC同様、1ダイで8コアになること。写真の空いたスペースにもう1個CPUダイを追加して、最大16コアになるらしい。

16コアと言ったら、1年半くらい前に出たThreadripperの1000シリーズの最高モデルと一緒だよ。CPUコアインフレ時代の到来だな。

噂では、16コアモデルがRyzen 9、12コアモデルがRyzen 7、8コアモデルがRyzen 5、6コアモデルがRyzen 3だそうだ。Intelがようやく追いついたかと思ったら、また、水をあけられそうな感じ。

また、Ryzen 3/5については、空いたところにGPUを乗っけて、いわゆるG付きモデルを出すという話もあるので、GPU内蔵で8コアなCPUも出てきそうだ。

Intelも10nmの目処が立ったという話もあるそうだし、昔のようにガチの対抗モデルを出さないとダメになんじゃないのかなぁ。
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CPUコアインフレ時代 Hima-Jin 日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる