三流役者かどうかは分からないが…

佐藤浩市、失言で大炎上!映画『空母いぶき』も大コケか。今後の俳優業も厳しい…(芸能スクープ、今旬ナビ!!)

百田尚樹のtweetで映画「空母いぶき」が炎上しているそうだ。

そもそも、佐藤浩市がどうとかという以前に、敵国の設定が中国からどこか分からない国へと変更されているなど、脚本は原作とはかなり異なっているらしい。

原作レイプはよくある話とは言え、それに加えて、佐藤浩市が脚本に口出ししていろいろ変えさせたというのはいかがなものか。

百田尚樹がtweetしているように佐藤浩市が三流役者かどうかは分からないが、少なくても佐藤浩市は一流脚本家ではない。

マンガが原作の映画がコケるというのは珍しくはない。今回の場合は、加えて、役者が口出しして脚本まで変えさている。

となると、映画「空母いぶき」が大ゴケするのは想像に固くない。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック