Hima-Jin 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Core i7-8086K解禁

<<   作成日時 : 2018/06/08 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8086誕生40周年を記念した「Core i7-8086K Limited Edition」が発売、実売51,780円(AKIBA PC Hotline!)
Core i7-8086K Limited Editionは50年のIntel史上最強のゲーミングCPU!?(AKIBA PC Hotline!)

Core i7-8086Kの販売が解禁された。価格は、税込みで52000円前後だそうだ。

改めて書くが、Core i7-8086Kのセールスポイントは、ベースクロックが4GHz、ブースト時の最大クロックが5GHzというところ。Core i7-8700Kの選別品もあってか、それ以外は、Core i7-8700Kと変わらない(実用上関係ないと思うが、i7-8086KはvProとSIPP(記念限定モデルなので)に非対応)。

但し、5GHzで動作するのは、1コアのみがアクティブな時。デフォルトでは、2コア以上がアクティブな場合のブーストクロックは、Core i7-8700Kと全く同一だそうだ(一応、Z系マザーボードとの組み合わせなら、2コア、4コア、6コア時の上限クロックも変更できるようだ)。となると、オーバークロックしない限りは、Core i7-8700Kとのパフォーマンスの違いは思った程ないのかもしれない。

実際、Core i7-8086Kは、Core i7-8700Kとの比較でベースクロックで8%増し、ブースト時のクロックで6%増しのはずだが、CINEBENCH R15のシングルコアの結果は約3%増しでしかない。他のベンチマークを見ても、Core i7-8700Kとの違いは誤差の範囲のようだ。

逆に、違いがあるのは、消費電力。アイドル時で約10W増し、ベンチマーク測定時だと最大約50W増しと、結構、違う。これが、個体差によるものなのか、それとも、UEFIがこなれていないのか、その辺は分からないらしい。

記念モデルとしてCore i7-8086Kを買うか、それとも、実を取って1万円以上安いCore i7-8700Kを買うかだな。

ワタシなら、オーバークロックにはさして興味がないので、間違いなく、Core i7-8700K。

というか、既に、8コア16スレッドが規定路線のようなので、限定記念モデルに価値を見出せるかどうかでしかないような…。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Core i7-8086K解禁 Hima-Jin 日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる